SSCS top
お知らせ
ソフトの紹介
ダウンロード

よくある質問
Tips

サポート掲示板
site map
shop
software
sscs

よくある質問(FAQ)
入力アシスト内の金額を更新したい(ver2)
 自賠責の金額が変わるので、入力アシストのデータも更新したい(ver2)。

入力アシストの内容は自由に編集できます。今回は自賠責の金額を例にとって編集方法を説明していきます。

準備と概要)
  伝票台帳や見積台帳を開き、伝票形式が車輌販売・車検形式であるなど、入力アシストの自賠責が利用できる状態にします。今回は、わかりやすくダミーの伝票を作ってそこから入力アシストを開きます。


1)伝票台帳を開き、レコードの追加ボタンをクリックします。

img

2)伝票台帳に、新しいレコードが作成されました。このレコード(伝票)はダミーであり、今回の「入力アシストの更新」以外には使われません。

img

3)伝票形式の切り替えボタンをクリックします。

img

4)伝票形式の切り替え画面に移動しました。

img

5)「車輌販売」のボタンをクリックします。

img

6)「はい」をクリックします。

img

7)伝票形式が車輌販売に切り替わりました。

img

8)「諸費用」のボタンをクリックします。

img

9)諸費用の入力画面に切り替わりました。

img

10)自賠責という項目のすぐ右の「助」という紫色のボタンをクリックします。

img

11)入力アシストが開き、自賠責金額のアシスト入力状態になっています。

img

12)この状態で、入力アシストの「編集」という黄色のボタンをクリックします。

img

13)入力アシストの内容、今回は自賠責、の編集モードになりました。

img

14)適当な行、例えば追加・変更したい内容の行をクリックして、複製ボタンで「複製」します。この例では最上段にある軽自動車の23ヶ月を複製します。

img

15)軽自動車の23ヶ月が2つになりました。

img

16)増えた1つを編集します。ここではわかりやすく「NEW」と文末にいれて金額も変更しました。

img

17)14)〜16)の操作を繰り返し、好きなように入力アシストの内容を編集します。

img

18)編集が終わったら、「戻る」ボタンをクリックします。

img

19)入力アシストが表示モードに戻ります。さきほどの編集内容が反映されています。

img

20)閉じるボタンで、入力アシストを閉じます。

img

21)伝票台帳に戻ってきました。

img

22)このレコード(伝票)は、1)で作ったダミーですので、削除ボタンで削除します。

img

以上です。

今回は自賠責の編集でしたが、同様の手法で自動車税や重量税なども編集できます。お試し下さい。


■SSCS Full ver2.08以降では、個別に手入力せずとも提供されたデータとの「入れ替え」が可能になりました。詳しくはこちらをご覧ください。

▲このページのトップへ

よくある質問のトップページに戻る


Google
インターネット全体を検索 当店のサイト内を検索
検索結果リストの上や右にGoogleによりスポンサーが表示されますが、
表示されるスポンサーは当店とは一切関係ございません。詳細はこちら


ご質問等は
こちら

 

Copyright (C) 2000-2008 AG Auto Ishikawa All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。