SSCS top
お知らせ
ソフトの紹介
ダウンロード

よくある質問
Tips

サポート掲示板
site map
shop
software
sscs

よくある質問(FAQ)
リコール抜出機能の使い方がよくわからない
 Full ver2から搭載されている車輌台帳の「リコール抜出機能」の使い方について、詳しく知りたい

 自動車屋さんのお仕事支援ソフトことSSCSのFull ver2より車輌台帳に搭載されている「リコール抜出機能」とは、車輌台帳に入力・登録されている車輌の車台番号とリコール条件とを照らし合わせて、リコール対象の車輌を見つけ出す機能です。自店で管理している車輌がリコール対象かどうかを簡単に調べることができ、お客様へのアフターサービスとなるこの機会を自動車メーカーに任せてしまうことなく、お客様へアプローチするきっかけとすることができるでしょう。以下に、無料で配布されているリコール辞書データを使ってリコール抜出を行う方法について解説します。

 なお、SSCS用語ではリコールとは「リコール、改善対策、メーカー独自のサービスキャンペーン」を合わせてリコールと呼んでいます。


STEP1)リコール抜出機能は「リコール辞書」にリコール条件を登録して、それを利用して機能させます。ここでは、当店のサイトより無料でダウンロードできる辞書データをダウンロードして、それを利用する簡単な方法を説明します。こちらのリコール辞書専用のページより必要なリコール辞書データをダウンロードします。

img

STEP2)ダウンロードした辞書データを、仮にデスクトップに置きます。
img

STEP3)ダウンロードした辞書データを解凍(展開)しておきます。img

STEP4)SSCSの起動直後の画面top画面から「ユーティリティ」ボタンをクリックします。img

STEP5)ユーティリティ1画面のその2をクリックします。
img

STEP6)ユーティリティ2画面の「リコール辞書を更新する」の「更新する」をクリックします。img

STEP7)確認メッセージがでます。確認して「続行」をクリックします。
img

STEP8)辞書データの追加方法を指定します。通常は「追加」を選んでください。img

STEP9)辞書ファイルを選択する画面です。赤い丸のエリアなどを操作してSTEP3の辞書データを探します。img

STEP10)追加したい辞書データをクリックして、それから「開く」をクリックしてください。img

STEP11)確認メッセージが表示されます。確認して「OK」をクリックします。img

STEP12)ここまでで、リコール辞書のデータ追加は終わりですが、このままリコール抜出を行うこともできます。よろしければ「はい」をクリックしてください。

img

STEP13)確認メッセージが表示されます。確認して「はい」をクリックします。img

STEP14)画面が切り替わり、今から抜き出す条件・条件数がバックグラウンドで表示されます。ざっと確認して、表示されている条件だけで抜出する(高速)なら「現状のまま」、辞書に登録されているすべての条件で抜出するなら(低速)「全ての条件」をクリックします。通常は「現状のまま」をお勧めします。img

STEP15)しばらく待ちます。データの量、検索条件の数、パソコンの性能などによってかかる時間はまちまちです。img

STEP16)結果が表示されました。今回のリコール条件だけでなく、今までにリコールにひっかかっているが修理対応していない(対応日が空っぽ)ものも一覧に表示されます(状況:NGとして)。また、画面を右にスクロールすることでより多くの車輌データを閲覧することもできます。img

STEP17)「画面印刷」を用紙の向きを横にして印刷すると以下のように年式/型式/車台番号/類型/車種名などなどが表示・印字されます。
img

 以上です。

 ただし、車台番号だけではリコール適合車かどうかの正しい判断はできかねますので、それ以後はメーカーのウェブサイトや協力ディーラーなどでご確認下さい。

 なお、「自らリコール辞書のデータを作成する方法」については後日、Tipsとして紹介いたします。

▲このページのトップへ

よくある質問のトップページに戻る


Google
インターネット全体を検索 当店のサイト内を検索
検索結果リストの上や右にGoogleによりスポンサーが表示されますが、
表示されるスポンサーは当店とは一切関係ございません。詳細はこちら


ご質問等は
こちら

 

Copyright (C) 2000-2008 AG Auto Ishikawa All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。