SSCS top
お知らせ
ソフトの紹介
ダウンロード

よくある質問
Tips

サポート掲示板
site map
shop
software
sscs

よくある質問(FAQ)
ファイルの圧縮をする(Windows XP)
 メールでファイルをやり取りしたり、データを保存しておくために、ファイル・フォルダを圧縮します(Windows XP)

 Windows XPでは標準で、ファイル・フォルダを圧縮する機能がついています。
 圧縮すると何が良いのか、いろいろありますが一番はファイルサイズが小さくなることです。Eメールに添付してファイルをやり取りする際、相手の郵便受けの容量 (メールボックス)が決まっている場合があります。しかし相手の郵便受け(メールボックス)の残りサイズはわかりませんから、ファイルサイズを小さくしてやることでメールが届かない(場合によっては相手の郵便受け内の古いメールを強制削除してしまう)といったリスクを回避できます。
 また、現在使用中のデータのバックアップにも便利です。同じ名前の同じフォルダが複数あるとどうしてもまぎらわしいですし、誤って古い方を使ってしまうかもしれません。古いデータは圧縮してファイル名を変えてしまえばそういったトラブルも防げます。ファイル名に日付を使えばいつのバックアップかも一目瞭然です。

 例)sscs060301.zip ← SSCSのフォルダを06年03月01日に圧縮したもの

ちなみに圧縮の反意語は、展開または解凍といいます。

 以下では、Windows XPに標準の機能を使って、フォルダを丸ごと圧縮する方法を図解で説明します。


準備)フォルダ内に、testフォルダがあります。

img

2)testフォルダを右クリックし、送る(N)から「圧縮(zip形式)フォルダ」を選択します。

img

3)圧縮が始まります。圧縮するファイル・フォルダのサイズやパソコンの性能によっては一瞬で終わるかもしれません。

img

4)圧縮したかったフォルダと同じところ(フォルダ)に、チャック付きのフォルダが作られました。

img

5)上の画面ではわかりませんが、Windowsの設定を変えてやると、圧縮後のファイルには「.zip」という拡張子が付いていて、圧縮ファイルであることがわかるようになっています。

img

以上です。

▲このページのトップへ

よくある質問のトップページに戻る


Google
インターネット全体を検索 当店のサイト内を検索
検索結果リストの上や右にGoogleによりスポンサーが表示されますが、
表示されるスポンサーは当店とは一切関係ございません。詳細はこちら


ご質問等は
こちら

 

Copyright (C) 2000-2008 AG Auto Ishikawa All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。