SSCS top
お知らせ
ソフトの紹介
ダウンロード

よくある質問
Tips

サポート掲示板
site map
shop
software
sscs

よくある質問(FAQ)
ファイルの展開(解凍)をする(Windows XP)
圧縮されたファイル・フォルダを元通 りにします(Windows XP)

 Windows XPでは標準で、ファイル・フォルダを展開(解凍)する機能がついています。当サイトで配付されているファイルも全て圧縮されていますし、インターネットで配付されているファイルのほとんどは圧縮されていますので、展開(解凍)は非常に重要です。
 展開(解凍) とは圧縮の反対作業ですが、圧縮の際の方法で、圧縮形式が異なる場合があります。日本ではLHAという形式が独自に進化・成長してきましたが、世界的にはWindowsはZIP形式が主流のようです(Windows XPの標準圧縮形式もzip)。

 以下では、zip形式で圧縮されたファイルを展開(解凍)して元に戻します。


準備)フォルダ内に、testという圧縮されたファイル(アイコンはチャック付きのフォルダ)があります。

img

2)ファイルtestを右クリックし、「すべて展開(A)...」を選択します。

img

3)展開ウィザードというウインドウが開きます。次へ(N)をクリックして下さい。

img

4)参照(R)..をクリックして展開先を指定し、次へ(N)をクリックします。参照を先を指定しない場合は、圧縮ファイルと同じ位 置になるはずです。よくわからない場合は、次へ(N)だけをクリックして下さい。

img

5)展開が始まりました。展開するファイルのサイズやパソコンの性能によっては一瞬で終わるかもしれません。

img

6)展開が終わりました。赤い丸のチェックが入っているのを確認し、完了をクリックして下さい。

img

7)圧縮されたファイルtestが展開(解凍)され、別途testというフォルダが生まれました。

img

8)確認のために、testフォルダを開いてみます。圧縮されていたファイルがたくさん入っています。

img

以上です。

▲このページのトップへ

よくある質問のトップページに戻る


Google
インターネット全体を検索 当店のサイト内を検索
検索結果リストの上や右にGoogleによりスポンサーが表示されますが、
表示されるスポンサーは当店とは一切関係ございません。詳細はこちら


ご質問等は
こちら

 

Copyright (C) 2000-2008 AG Auto Ishikawa All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。