SSCS top
お知らせ
ソフトの紹介
ダウンロード

よくある質問
Tips

site map
shop
software
sscs

■令和対応について■(2019/04/24)

--------------------------------------------------------------------------
■□■□SSCS ver2ユーザ様へ■□■□
--------------------------------------------------------------------------

ver2.10以降で令和対応(一部西暦化)しました。ver2ユーザ様は無償バージョンアップが可能です。

なお、完全対応については開発ソフト側での対応が必要となるため、それを待ってver2.5において対応予定です。ver2.5はver2ユーザ様は無償バージョンアップが可能ですが、開発ソフトのバージョンが変わりますので、動作環境の変化などもあります。詳しくはSSCS開発ブログを是非ご覧下さい。

【Macユーザの方へ】
ver2.10 Mac版はリリースいたしません。既存ver2系はMac OS 9までの対応となっており、現在では非常にユーザ数が少ないためです。ver2.5ではmac OS Xにネイティブ対応する予定です。

ver2.08→ver2.10の大きな変更点

  • 令和に対応 (一部は西暦化)
    ※開発ソフト側での対応が必要な部分は西暦化

  • 車両台帳のエキスパートモード抜出(抜出E)において、登録番号での抜出を強化
    ※一桁ナンバーなどの速やかな抜出を可能に

  • サポート掲示板へのリンクボタンなど不使用項目などの整理
    ※サポート掲示板は、アダルトサイトへの誘導などの迷惑投稿(ロボットによる自動投稿)への対策がいたちごっこなので閉鎖しました

  • FAXでのサポートは原則として受け付けない(サポートの効率と質のアップのため)
    ※これまでもFAXでのサポートは『Eメールで行い、FAXは「原則」受け付けない』というのがソフトウェアの使用条件になっていたのですが、FAXでのサポート依頼がかなり多い状態です。インターネット常時接続が当たり前の時代になりましたので、ver2.10を機会にその原則を厳守頂きたくユーザ様にお願いいたします。FAXよりもEメールの方が、長文での返信および説明画像の添付が可能であり、サポートの効率と質がアップいたします。

その他、ver2.10の情報はこちら(準備中)

ダウンロード■================

操作方法など■================

--------------------------------------------------------------------------
■□■□SSCS ver1ユーザ様へ■□■□
--------------------------------------------------------------------------

大変申し訳ございませんが、ver1での令和対応の予定はございません。Win95/Win98時代のリリースから約20年が経過、ver1の開発環境が既に失われており、動作確認を行うことができないためです。ver1ユーザのご期待に沿えず申し訳ございませんが、なにとぞご理解頂けますようお願い申し上げます。

なお有償バージョンアップとなりますが、ver2へとバージョンアップしますと、令和対応が可能です(ver2の試用を開始してから90日間の試用が可能)。またver1のデータをver2に引き継ぎできます(要専用データコンバータの使用)。

詳しくは下記をご覧くださいませ。

ver1.3→ver2.xの大きな変更点■=========================

  • 800×600ドット(SVGA)の画面をベースに開発
  • 全体をほぼ新規に作り直した
  • 納品請求書を伝票に変更、今までの伝票形式に加え、従来の修理見積や販売見積のような伝票が作成可能に
  • 伝票と見積にて、一部の伝票[見積]形式を除いて作業内容等の「行」を追加・削除・上下移動などできるように
  • 作成した見積を、そのまま伝票に移行できるように
  • 宛名印刷にて、郵便番号部分のずれを調整できるように
  • 令和に対応 (一部は西暦化) ※ver2.10より
      ※開発ソフト側での対応が必要な部分は西暦化
  • 車両台帳のエキスパートモード抜出(抜出E)において、登録番号での抜出を強化 ※ver2.10より
      ※※一桁ナンバーなどの速やかな抜出を可能に

その他、ver2.10の情報はこちら(準備中)

ver2.xの動作環境 for Windows■=========================

  • 対応機種:Intel互換Pentium 90 MHz以上のプロセッサを搭載したパーソナルコンピュータと800×600ドット以上で256色以上が表示できるモニタ
  • 必要なシステム:Windows 98〜Windows 10
  • 必要なRAM容量:32MB以上
  • 必要なハードディスクの空き容量(インストール直後。あとは利用状況に応じて増加します)
      ※SSCS Full Edition ver2.0:25〜30MB程度
      ※SSCS 1to2 DC(データコンバータ) ver1.0:11.8MB
  • その他:印刷する場合はプリンターなど印刷できる環境が別途必要です

ver1.3→ver2.xへのバージョンアップ時の注意点など■================

  • 有償バージョンアップとなります
  • ver1のデータをver2に引き継ぎできます(要専用データコンバータの使用)
  • ver2の試用を開始してから90日間の試用が可能です
  • ユーザ登録およびバージョンアップ登録の方法については、こちら(準備中) です。

  • SSCSのアイコン(ソフト本体)が下図のようなアイコンに変更されました。データコンバーター(DC)も同じアイコンです。SSCS本体の名前はリリースするバージョンにより異なりますが「SSCS Full ver2.xx」のようになっています。DCの場合は、「SSCS 1to2 DC ver1.00」のようになっています。

     ←新しいアイコン

  • Windowsにおいては、SSCS ver2およびDCの一番最初の起動時のみ、下図のようなウインドウが出る場合があります。ここで尋ねられるユーザ名はSSCSやDCの利用にまったく関係ありません。そのままOKボタンクリックか、適当に「user」や「name」などと入力して、続行して下さい。

各種ダウンロード■================================

□□□ソフト本体など□□□

■ver2.11リリースのご案内(2019/08/01)

 バグ修正を行ったSSCS Full ver2.11のリリースをしました。本バージョンは全てのSSCS Full ver2ユーザ様において、強くバージョンアップを推奨いたします。今回のバグは以下の内容となります。

  • 特定のケース下で、伝票台帳において、請求書(請求明細)/売掛金一覧を作成した際に、『うち消費税額』の額が誤って表記される場合がある。ただしその場合においても、請求総額や売掛金一覧の総額、また消費税額も個々の伝票のものは間違っていない。あくまでも「請求書(請求明細)/売掛金一覧を印刷した際の『うち消費税額』の部分の表記」だけが誤りである。
ユーザ様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

  • SSCS Full ver2.11本体のダウンロードはこちら→ver2.11ダウンロード

  • データコンバーター(DC)のダウンロードはこちら→DCダウンロード
    ※ver1のデータをver2へ移行する際に一度だけ使用します。使用方法は下記の「操作方法など」をご覧ください

  • SSCS ver2用の取扱説明書のダウンロードはこちら→取扱説明書ダウンロード
    ※ver2.08までの対応版、ver2.10対応は準備中です

□□□サポートデータ (使用したい場合のみ)□□□

★データの正確性は保証されていません。自己責任で使用できる方のみダウンロードしてください★

操作方法など(必ずお読みください)■================================

▲ページトップへ


ご質問等は
こちら

 

Copyright (C) 2000-2019 AG Auto Ishikawa All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全てのコンテンツの無断転載を禁じます。